敵カッコ良いじゃん!

私が小・中学生の頃は、恐らく週刊少年ジャンプ第二次黄金期と呼ばれていたくらいの時期だと思います。もしかしたら腐女子にとって、という意味なのかもしれません。「ONE PIECE」「NARUTO」「テニスの王子様」「シャーマンキング」「HUNTER×HUNTER」「ヒカルの碁」「ホイッスル」、当時の腐女子は飢えなんて知らなかったと思います(私がそうだったからね!)
さて、その中から、今回は「シャーマンキング」のオハナシ。
アニメ化と同時に、より一層白熱した作品ですね。オープニングテーマもエンディングテーマも、担当は閣下・林原めぐみさんだったことも理由の1つです。アニメーションもキレイでしたね。キャストもなかなか豪華でした。
私の周囲には、葉派・蓮派・ホロホロ派・リゼルグ派、少数派としてファウスト派なんかもいましたが、なぜか私の愛するハオ様派が1人もいなかったのが、今でも悲しい思い出となって残っています。

ただのイケメンには興味ありま……すけども。

言わずと知れた、週刊少年ジャンプ黄金期を支えた不朽の名作『るろうに剣心』が、最近になって実写映画化されたそうですね。主演は大人気俳優の佐藤健氏、その他豪華キャストでお届けされたのだとかなんとか。
当時、私の周囲にもそりゃもう多くのるろ剣ファンが溢れていました。女性ファンの多くは、やっぱり剣心だったり蒼紫様だったり斉藤さんだったり宗次郎だったり志々雄だったり……まあ、志々雄については色々フィルターもかかっているでしょうが、わかりやすく言うなら、イケメンが人気だったわけです。当然と言えば当然なんですけどね、私だって上記のキャラクターはみんな好きでした。もちろん外見だけによる人気ではなかったのでしょうが、しかし外見が大きな要素であったことは間違いないかと思います。
私はと言えば、断然、般若くんが好きでした。あの男気、あの忠誠心、あの散り様。どの角度から見ても格好良いと思うのですが、未だに同志は現れず、寂しい限りです。ちくしょう。

リメイク希望。激しく希望。

週刊少年ジャンプで連載を開始し、直後から絶大な人気を誇り、一世を風靡するまでに至った長寿コミックス『封神演義』。例に漏れず、あたしも大好きでした。完全版も持っていますし、実家には単行本もちゃんと揃っています。
アニメもちゃんと観ましたよ。声優さんも豪華でしたし、アニメーションも綺麗でした。オープニングもエンディングも素晴らしい仕上がりでしたし、挿入歌すら良かった。メディアミックスとして発売されたドラマCDも、キャラクターソングの出来も、もうテンション振り切るくらいの完成度でした。ただ1つ残念だったのは、連載中にアニメ化したうえにクールが短かったせいでストーリーがゴミのようだった点です。唯一にして最大の欠点としか言えません。本当に嘆かわしいと言いますか、悔やまれてなりません。
今、アニメ作成における技術クオリティも上がっていますし、原作不足のようですので、ここらで再アニメ化しませんか。8クールくらい使って。